PEOPLE

事業を行ううえで一番大事なものは「やりたい」気持ち

渡辺岳典 部長

渡辺岳典
TAKENORI WATANABE
GENERAL MANAGER

・Cubeでの仕事内容(どんな仕事を日々行っているのか)

営業、品管、教育、案件対応

・1日の流れ(毎日だいたい何時頃に始業して何時頃に終業しているか)

8:30にクライアントミーティングと共に開始
17:50に夕会に出た後に残タスクを整理して、就業

・あなたにとってのCubeとは

Sexy!

・Cubeの自慢できること

有機的な組織運営を目指しており、セクショナリズムが薄い

・Cubeに入社した理由(会社選びで重視したことはなにか/入社の決め手はなにか)

成長過程にある企業で、会社も自分も成長させたいと思ったため

・Cubeの選考で印象に残っていること

事業開発を何故それを選んだかという質問の答えで「やりたいから」といただいたこと。
確かにそれが一番だと思った。

・入社前後のギャップ

マネジメント層が想像以上に近い

・Cubeで体感したやりがい

案件で対応したものが実際に世に出たこと
部下が成長して、案件を回していること

・入社後に良い学びになったこと

感情理解の重要性

・好きな言葉、大事にしている言葉

8割自責

・将来の夢

新規技術/ビジネスモデルを用いた事業開発

・持っている資格

特になし

渡辺岳典 部長

東京大学博士課程(核融合領域)を卒業後、会計系コンサルファームを経て、現職。
参画後は、実質的な経営企画室の代行業務を実施する中で、事業計画の策定、IR対応、財務分析などを実施。
その他、BizDDやマーケット調査・分析なども断続的に行っており、AIやバイオテクノロジーなどの技術的な調査や分析も得意としています。